FC2ブログ

What a wonderful healing

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母

早いもので今年ももうすぐ3ヶ月が過ぎようとしていますね・・・

ブログ書いてなかったことにさきほど気づきました(^^;

冬だったからか??
春っぽくなってきたから動き出さなきゃ〜と思ったのかもしれませんね(^^;

先日ふと初めて霊を見た場所を通りました。
小学生低学年だったかなぁ?
幼馴染と遊んで彼女の家に一緒に帰った時に家の前に女性が立っていました。
遠くから見て誰か立ってるねって話をしながら歩いていて家に着く頃には誰もいなくなっていて・・・
幼馴染のお母さんにこんなかんじの女の人が立ってたよって話をしたら、おばさんの顔がこわばったのを覚えています。
その時に「これは言ってはいけないことなんだ」と思ってそれ以来そういうものを見ても言わないようにしていました。

もっと小さい頃は面白いものを見たことがあります。
鬼です(笑)
祖父の家に住んでいた頃、まだ台所は土間で土間から上がった床で寝ていたのですが何かで目が覚めた時に勝手口から鬼が2人と何か騒がしいものが入ってきたんです。
騒がしいものは鳥のような獣のようなよくわからないものでした。
全然怖くはなくて面白かったのを覚えています。
鬼たちはそのまま消えていきました。
後で祖母に言ったら祖母は普通に「あそこは鬼門だから鬼が入ってきたのかねぇ?」と言われ、幼稚園児で鬼門は北東と覚えました(笑)
でも鬼は入ってきてはいけないのでは??とだいぶ後で思いましたが悪そうな鬼ではなかったのでいいのかな?

そんなことを思い出していたら
最初に霊を見たのは祖父の家ということになるのかな??
いや、あれは霊じゃないし・・・
じゃあ何だったんだろう?
とかいろいろと考えてしまいました(笑)

それにしてもうちのおばあちゃんって・・・
子供の言うことだから真に受けてなかったのかもしれないけど・・・
うちの母も私が変なことを言い出すとお札を貼ったりお祓いに連れていったりしたけど・・・
最近では私に〇〇さん(霊界にいる)元気かしら?と聞いてくるようになったしね。
それに霊界にいる人も生きてる人も同じように扱っているフシがあって面白い(笑)

そんな家庭で育ったから霊体験も慣れっこになれたんだろうけど、霊界の話をはばかることなく言えるようになってから私の霊体験を話すと結構な確率でドン引きされる(笑)
よく生きてこれたねって褒め(?)られるし(笑)

祖母が信心深い人だったこともあり、祖母は亡くなってからも私を助けてくれていたらしい。
何かあると出てきては怒られたりしたなぁ。
なぜか祖母が笑って出てきたことはなかったが、アイイスで勉強するようになってから笑って出てくるようになったのでおばあちゃん的には良かったんだなぁって思います。

祖母が出てくるときに連れてくるのが、祖母がよく面倒見てくれていた私の犬のジミー君ですが、この子もアイイスで勉強するようになってからはあまり出てこなくなりました。
なんでだろう?

私の中には小さい頃から祖母と檀家だったお寺に通い説教を聞いたり御詠歌を歌ったりしていたので何かしらスピリチュアルなものが根付いているのかもしれません。
今思ってもそれは宝物だなぁと祖母に感謝しています。
こわいおばあちゃんだったけど優しかったんだなぁ・・・


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。