FC2ブログ

What a wonderful healing

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニマルヒーリング

気づいたら10月になってしまって、ずいぶんご無沙汰なブログです。

今年、アイイスのヒーリングコースを受講された方々はヒーリングセンターでの見習いやケーススタディを頑張っている頃ですね

私は人もですが、動物へのヒーリングをすることが多いです。
動物たちは純粋にヒーリングのエネルギーを受け取ることが出来るのか効果が出る仔が多いように思います。
人みたいにあれこれ考えたりしないからでしょうかねぇ。

獣医さんにかかってきた病気のわんちゃん、原因がいまいちわからなかった仔がいました。
その仔に遠隔ヒーリングをしたら、獣医さんもびっくりする奇跡が起こったことがあります。
獣医さんは奇跡以外のなにものでもないと言いました。
獣医さんで治療はしていたものの、こんなに短期間で治ることはないそうです。

我が家のわんこもつい先日リンパ節が腫れて獣医さんに診てもらいましたが、特に原因らしいものはなくリンパ節炎と診断されました。
そしてヒーリングしたら、治りました。
これも獣医さんが不思議がるケースでした。

これまでに何回も獣医さんを不思議がらせてきましたが、獣医さんは私がヒーラーだということを知りません(笑)

もし、まわりに元気のないペットさんがいたらヒーリングしてあげて下さいね。
動物たちへのヒーリングがどう人と違うのか、わかる人にはわかるという世界かもしれません。
純粋なエネルギーが返ってくる感覚、実はヒーラーも癒されます。
ぜひお試し下さいね。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。