FC2ブログ

What a wonderful healing

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミディアムへの道

スピリチュアルカウンセリングという言葉がどうも苦手…
霊界通信というのもなぁ…
シッティングという言葉にも馴染みがないし…
リーディングでもいいかなぁとは思うしミディアムシップでもいいかなとも思う。

でもミディアムシップでもリーディングでもシッティングでもスピリチュアルカウンセリングでも霊界通信でも、やっていることは同じだし呼び方なんてまあいいか、と思ってはいけないのかしら??
名称でやることが変わる訳ではないし、私はアイイスで学んだからアイイス式じゃなきゃいけないという風にも思ってないし…
アイイス式とか言ったって多分私にとってはアイイスで学んだことは基礎の基礎でそこから私というテイストが加味されているので、結局わたし流みたいになってくるし…

でもそれがコールドリーディングになってはいけないということは徹底している。
でもサイキックも使うことになるのでオーリックリーディングも兼ねることはどのミディアムでもあるのではないかと思います。
サイキックやテレパシーという機能は使われているはずだし…

霊界の光は眩しくて大きくて愛に満ちていることに変わりはない。
手法にこだわるのではなくクライアントに霊界の真実をお伝えすることがミディアムの役目だと思います。
ミディアムがクリアでニュートラルな状態であれば霊界からの情報は惜しみなくやってくるから、私は目を曇らせないように日々精進するだけです。

やっぱり、自分が1番正しいと思ってしまいがちですが私が1番正しい訳ではないし、正しい正しくないという風にジャッジするのもいらんことだなぁと最近よく思います。
結果が出る前に「出来ない」と決めつけるのは自分で自分の可能性をカットしてしまうことになるので、結果が出てから考えればいいし、途中で悩むエネルギーも無駄遣いしなくて済むしね(笑)

光の世界はクリアでナチュラルで無欲です。
私の指導霊が言うには、「瞑想しろ」だそうです。

healing04.jpg
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。